My Friend's Tarot

趣味や興味のあるもの・近況をリラックスして書きます

持つべきものは良きアドバイザー

ここんとこ煮詰まってこない仕事に軽く焦る日々バッド
相談なら例え山積みでも、体力の続く限り
次から次ぎへとタロットを解読して書き綴るのですけど
ちょっと違う仕事になると、なんだか違う汗

例えば、
原稿依頼してくれはる担当者が、新人や全くの素人で
「タロット占いで2009年貴方」をこういう内容で
と、おっしゃる注文を見ると・・・
これタロットでは無茶でしょう。
内容は占星術や四柱推命なんだけど、看板はタロット
っみたいな希望。。。
無理やりカスタマイズできるか否かを思案するだけで難。

また「こんな感じで占いを作りますよ」と
予め言って承諾してもらってても・・・・・
相手さんにしたら『内容は少々違ってもよいから』
こういう風にしてほしいという変更希望がでて(-_-;)
素人さんにしたら、簡単にちょっと変えると思ってても
私にしたら、そこ変えるんなら一からと一緒やんたらーっ
っというのもあるねんよねぇ。。。

その要望に、どこまで応えうるかと考えたり
雛形として出してきはる形がどこまで使えるか思案したり
その試行錯誤に割かれる時間が増えて増えて
思案中案件が平行してあると全部進まずプチ焦りNO!

2日後、4日後、7日後が締め切りだったら
早い順にするか、進められそうな気がするのをするか
どこから手をつけるかで、とっちらかってしまいます。
そんな時に目に付いたのは、Skypeボタン。

持つべきものは良きアドバイザーですなチョキ

思い切ってチャット送信すると....

時間は限られてるから、切るところは切って内容重視でいくしかないね。上げれないと意味ないから、制限一杯一杯のプロトタイプ(内容はなくて良い)を作成してみて上げれたら、それに内容をぶち込むしかないかな・・・
デザイン等は時間があればやる・・・
どこまで仕込めて上げれるかが判らないと進めれなくない?

という返事。なるほどプシュー
いつも締め切りに追い回されてる人は頼れるグッド


一旦、ランチを挟んでSkypeも休憩。午後は
ざるそば定食、食べて来ますた
 お昼食べましたか?
」 で始まり
w(゜o゜)w オオー!私もソバ食べた。
おー、そば友!
意気投合したところで(笑)
「何か出来ることあれば、言って下さいね」
との温かい言葉で終了。俄然やる気がラッキー
しかも!
プロトタイプをとつくり始めたら見えてきた楽しい
心からサンキューやわ。

■関連する記事かも

 - たんなる・・話(日記)

Translate (翻訳) »