My Friend's Tarot

趣味や興味のあるもの・近況をリラックスして書きます

高橋尚子選手の2009年運勢

■高橋尚子選手の2009年運勢

マラソン、駅伝ファンの私は、
冬になるとブログ記事はそればかりというくらい。
先日の高橋尚子選手の会見では号泣しちゃいました(笑)。
今後の彼女を見守りたいと思います。



 ▼は逆位置
|----------------------------------
  1.戦車   2.金貨8  3.金貨2
  4.金貨7▼ 5.太陽▼  6.吊るし人▼
  7.棒3   8.愚者▼  9.聖杯King
  10.月     11.金貨Queen▼
  12.剣9    13.剣5
|----------------------------------
(展開法など詳しくはHP「タロット習得」コーナーを)

>>いつもの通りザザッーと見渡し全体像を見てください☆

13番の中心に【剣5】です。
これは、正逆ともに厳しい意味が強く、
なんとか落ち着いて周囲と折り合うのが鍵となります。
不注意な事態を招きやすい年で、慎重に過ごすべきでしょう。

>>本人の姿勢を表す1番には【戦車】+【棒3】で

やりたいことが沢山あるなど、積極性が見られます。
自分に出来ることや得意なことを生かして進もうという
彼女の気合が見られるのですが・・・
それを発揮する土壌がないのがもどかしいです(^_^;)

>>展望や将来性を示す10番には

【月】+補足【金貨7】という不運な流れ。
月は、不安定な状態や曖昧さを示し、
金貨7▼が、心配事を意味する双方に凶運ですから
思った方向へ進展したくても朗報がつかめません。


この時期は、周囲をあまり信用しすぎないのが必須かな。

>>家庭やプライベートな暮らしも【金貨7▼】で

なかなか落ち着いた状態にできない模様。
正逆読みの場合は、
正位置=期待はずれ、裏切り、目処立たずetc.
逆位置では、実際にそこまでいかない不安
がでやすく、なんやかんやと物事が進まない原因がでます。
中心のカード【剣5】を鍵に、焦ってトラブらず
周囲の状態をよくみて落ち着くことが大切です(^^)

>>親しい関係、友人運の11番は【金貨Q▼】で

ギクシャクしたり、交流がスムーズにいかない暗示。
今回は▼でも、相手が悪人というよりも、
良い関係がもてない軽い意味で取りました。
その理由は・・・補足は逆位置ですが太陽ですから、
私の場合、正位置が厳しい意味でないカードなら、
例え逆になっても、真逆に悪い意味取りをせず
基本は、正位置の意味にまで進展しないくらいだから。

>>そして仕事運の6番は【吊るし人】+補足【剣9】で

ありえない厳しさです。
努力が無駄になるなど、心労が激しい逆境。
ためになる経験や苦労ではなく、単なる悲運に近い。
2009年に予定している方向を修正するべきでしょう。

心配なのは.....
6番が『健康』も意味する場所だということ!
2009年は体力の消耗など生命力が弱る時期です。
病気になったり、治療が長引く可能性も多々ある時。
健康第一の注意をして過ごすのが必須ですよん。

>>周囲の近隣関係は【金貨2】で

私の意味では良い意味合いなのですが、
正逆で一般的に言えば....
計画しているように進まない状況や心配もある意。
今まで陸上一筋できたのですから無理もありません。
補足に【聖杯King】ですから、
相談しやすい優しい男性がよき助言者になってくれそう。

私個人のおススメは

>>海外を示す10番が【聖杯King】と比較的良いので

海外でゆっくりと過ごされてはと思います。
中田ヒデ選手もそうでしたが、日本でいるより
少々窮屈さが解消され、マイペースでいられるかも。
また、プラスになる優しい男性というのも鍵。

>>金銭的には【金貨8】+補足【愚者】で

お金に無頓着だったり、無計画なのは心配です。
仕事や今後の展望も暗いときですから、
悪い人間に騙されるようなことがないともいえません!
そのような点を改め、金貨8の示す
『堅実さ』を基本に、計画的に管理しましょう。
この時期は、馴れ合い関係になると失敗します。
今後の展開を絶対に焦ってはいけない2009年です。

....33歳くらいから38歳までは長い転換期のもよう。
  中でも2008.2009年は体力の低下が懸念の年。
  この2年は絶対に無理をしないのが幸運の鍵です。
  このような時は『静の時期』にすべきですし、
  引退自体は、非常に正しい時期だったと思います。
  納得できました。(^^)

2008/11月号 全文

■関連する記事かも

 - 「タロマガ」運勢練習

Translate (翻訳) »