My Friend's Tarot

趣味や興味のあるもの・近況をリラックスして書きます

タロットカード11月に入手本当?

ケルト練習は、実際に自分の占いをしたものをUp.
実は・・・数ヶ月間馴染みのカードが品切れとなり
Amazonからは廃盤の可能性も帰ってきたので驚き、
販売元のUS Games Systems Incに連絡を取り
11月上旬には手に入れられるとの回答と頂いてたんです。
世界のタロット商社でブログにも書いた。↓
http://yoshiko.the-xx.com/?eid=991781

11/2にその件に関して占ってみた結果を課題にしますね。

■タロットカード11月に入手本当?



 ▼は逆位置
|----------------------------------
  1.棒A  2.恋人  3.棒3
  4.星   5.金貨2 6.剣6
  7.金貨5   8.棒6  
  9.棒Page▼  10.太陽
|----------------------------------
(展開法など詳しくはHP「タロット習得」コーナーを)

>>いつもの通りザザッーと見渡し全体像を見てください☆

まず、最終カードのみで、
『入手が本当か』を予測すると【太陽】です。
細かな意味がうんぬんとは読みませんでしたが、
正位置=進歩発展する動き を示しますから
間違いなく、入手できるんだなと安心したのを覚えてます。

では、どんな展開になったのかお話しますね。


>>ケルトでいう1番~6番『第一の流れ』

近い過去を示す5番には【金貨2
辛島版では...
正位置=物質的な障害、結論を急ぎすぎない
などと書かれています。
Amazonに聞いても、販売元のことはわからない回答と
廃盤の可能性もあるとハッキリせずという状態でした。

2番の助力や障害を示す場所には【恋人】で
良い連絡や協力を示す意味ですね。
こんな困りごとをブログに書いたときに
販売元に尋ねて解決した体験談の書き込みを頂き

1番のその時の「現在の状況」には、
棒Aですから、動きをしてみるべきだと考えました。
3番の本人の意志や方向性にも
棒3で、よく貿易や交渉を示すカードがでています。
これは間違いない確認をせねばと考えて、
4番の潜在意識に【】があるように
秘かに解決への希望を抱いてアメリカにメールメールブルー
すると、近い未来5番に【剣6】がでている通りに
正位置=窮地から救われる、第三者がプラスになる
にピッタリのキチンとした回答が届いた訳ですd(^-^)ネ

これは辛島版で...
船旅のラッキーという意味もありますが、
今回は、アメリカという海外からの朗報ですから
そういう意味もあると念頭に入れると良いかもです。

|では第二の流れ「結果への流れ」7番から10番を読みます。

まず後半を見たときに目に留まったのが8番【棒6】でした。
これは『朗報』を示す便りが多々出てくる暗示なので
すぐに入荷すればAmazonからメールがくるよう登録したので
その通知だとピンときました。・・・・でも

7番の『置かれた立場や状況』は【金貨5】と
かなりの苦境を示す意味だったので、自分なりに
なかなか知らせが来ないのかな~ なんて思ってたたらーっ
確かに、通知が来たのは18日でしたが、
後で思うとこの解釈の失敗が後に響いてきます(^_^;)

販売元からの回答「11月上旬」よりも遅れ18日になり
焦ることもないのに焦っていた私。。。
それでも、18日なので予定にしていた11月中入手は全然OK。

ですが、後で考えると・・・・
この金貨5は『価格が高い』という意味だったのです。

9番の『能力の限界』には【棒Page▼】で
逆位置=不誠実な情報、良くない知らせ
という意味だったのに、それに乗ってしまった(^_^;)
実は...
Amazonページには参考価格として2071円が出ていたのに
なぜだか、入手当日には3260円やってん。
それでショックを受けて迷ったけど、
表示はそのうちに修正されるんだろうと注文したら、
その5日後には、参考価格の2071円で販売しはじめましたショック

後の祭りです(;_;)
この1000円以上の差は、大阪人としては
手痛い、ショックの残る結末ですよねぇ・・・

出ている通り「その知らせ自体は良くなかった」というか
良くない知らせに乗る傾向(判断能力)だった私。
9番は、本人の能力の限界という項目やもんね。
その情報に乗っては駄目だったんですよ。 ←あほ(T-T)
自分に届く頃に、新しい価格をみてショック倍増。
同じカードなのにと思うと1週間は引きずりました。

11月に入手できるかという問いが【太陽】だった
ということには間違いないわけですが・・・
そこばかりに注目し、金貨5と棒Page▼を軽視して失敗。
2番の助力には【恋人】で『良い知らせ』ですから
最初の知らせに簡単に食いつかずに、
次なる情報を待てばよかったのでした。ガッくり

........最終結果が良くてもベストを目指して
    しっかり読まないとあきませんねぇ(-_-;)

2008/12月号 全文

■関連する記事かも

 - 「タロマガ」ケルト練習

Translate (翻訳) »