My Friend's Tarot

趣味や興味のあるもの・近況をリラックスして書きます

伊豆だけで「耳がキィーン」の原因わかった

昨夜、家で普通にしていると急にキィーーン耳の蓋
閉じたかのような症状になりました。これって・・・
今まで何度か決まった条件のときになっていた症状です。

家でなったのは初めてで、気持ちが悪いので調べると
間違いなく「これ!」という記事を発見!
ためしてガッテンというNHKの番組バックナンバーです。
この症状は『耳管開放症(じかんかいほうしょう)』。
なんと、軽度の人を入れると20人に一人らしいです。

mimi


水中にいるかのように音が反響して、自分の呼吸音や
周囲の小さな音まで大音量になりものすごく苦痛 :ぐす:
でも、これまでは特定のときにだけ一時的になっていたから
今回みたいに生活音が苦しいようなことはなかったの。
朝起きても、まだ治ってなくて本当に辛いです。

以前、この症状を話したことがあるともだちが
こちらに遊びに来たときに、同じ場所で同じ症状になり、
「随分と山の上に上ってきたよね?だいぶ高い場所なんちゃう?」
と言ったことがありました。
気圧が低いこと・疲れる上り坂で酸欠や水分不足のときのみ、
決まって出る症状で、大阪では一度もなったことがない :!:

そして、帰ってきてからまた時々なるのです。
こちらでも、平地でなることがありません。
自宅は、その坂から更に上ったマンションの6階なので、
住んでいる位置的には高い場所にありますが、
家で酸欠になったり疲れることがないのが普通でしょ?
水分補給と血行不良も原因になるようですし、
気をつけねばあきません。平地で暮らすほうがよいかも :あせ:

詳しく番組ページにかいていあった一文です。
当てはまる方は、読んでみてはと思います。

鼓膜の内側にある中耳には空気が入っています。エレベーターでのぼっていくと、外の気圧が下がるために、中耳の空気が膨張します(山へ登るとスナック菓子の袋がふくらむのと同じ原理)。すると、鼓膜が外側に“つっぱった状態”に。一方、くだりのエレベーターでは逆の現象がおき、鼓膜が内側に“つっぱった状態”になります。どちらの場合も、鼓膜がうまく振動できないため、音が聞こえにくくなり、それと同時に“キーン”という「耳づまり感」も生まれるのです。
「耳管」は、鼓膜の内側(中耳)と、鼻の奥をつなぐ、長さ3.5センチほどの細い管。 普段は閉じており、つばをのんだり、あくびをしたりすると一時的に開き、気圧を調整する。 「耳管」が開きっぱなしになると、「耳管開放症」の症状が出る。

■関連する記事かも

 - 政治経済/メディア

Translate (翻訳) »