My Friend's Tarot

趣味や興味のあるもの・近況をリラックスして書きます

不安定な職業事情の今後

ではケルト練習をいたしましょうか(^^)

今、気になるのは何ですか?
ケルトでは、具体的な不安や悩みの今後が見れますね。
お金や仕事の心配や、もっと具体的な未来まで
しっかり問題を絞ってみて見ましょうね。

さて、私が気になるのはワーキングプアの問題です。
職業安定法が改正され派遣事業が認められてから
最初は、特殊な能力の人間を派遣するものだったのが
近年、単純労働の派遣が認められ酷くなったと思います。

このような不安定な職業事情は続くのでしょうか?
占ってみますd( ̄ ̄ー ̄ ̄)ねっ



 ▼は逆位置です。
|----------------------------------
  1.棒9▼  2.聖杯King 3.剣A▼
  4.剣8   5.剣3▼  6.正義▼
  7.金貨knight▼ 8.聖杯10▼
  9.魔術師    10.棒6
|----------------------------------
(展開法など詳しくはHP「タロット習得」コーナーを)

まず、最終カードのみで、
『不安定な職業事情』を予測すると【棒6】です。
正位置=良い知らせ を示し
少し状況が改善される流れにあるようです。
これは、努力の甲斐があるという意味ですから、
頑張っている人が少しは報われるようですね。


>>ケルトでいう1番~6番『第一の流れ』

近い過去を示す5番には【剣3▼】...
不安や疎外感に満ちた苦しい状態であり、
1番:現在の状態を示すカードは【棒9▼】。
これも正位置ですら、気合いが必要な苦しい現状で、
今回は、逆位置のため、完全に『逆境』を示します。
職業事情は最悪の状態であると思えますね。(-_-;)

今後の展望や姿勢を示す3番には【剣A▼】で
正位置=めっちゃ頑張った成果がでる。勝利。ですが、
今回は、逆位置ですから....
障害や問題が多すぎて達成は難しい状態 を感じます。

実際に『頑張っても報われない』事情があるようです。
そうだったのですね・・・・

潜在している問題を示す4番は【剣8】で
正位置=閉鎖、孤立、制限、束縛など
完全に閉塞的な状況にうつてなしと言った様子です。

6番の近い未来の様子には【正義▼】ですから、
逆位置=不公平、矛盾、不調和、不利など
現在の不平等な契約の実態が続くでしょう。
 

・・・そう思うと、今まで一部の問題と思った私も反省。
   本当に真っ先に改善しないといけない課題でしょう。
 

|では第二の流れ「結果への流れ」7番から10番を読みます。

今後のスタートとなる7番の『置かれた状態』を読むと
労働者の立場は『向上しない』と受け取れます。
コツコツと真面目に頑張ること自体、意味を失いそう。
労力を使うことに疲れてしまいそうですね。
このカードは正位置では
向上心をもって勤勉にすることで有望になる意味。

周囲の状況を示す8番は【聖杯10▼】で
不和や落ち着く場所がないという
精神的な充実がない』意味になります。
このように安定した基盤をもてない環境は、
社会に様々な混乱と問題を引き起こしそうですショック

確かに、こう条件が不安定であれば、
落ち着いて努力する意味も姿勢も意欲もなくなり
いつ打ち切られるか分からない状態では、
未来に希望を感じることすら無理に思えますね汗

けど・・・能力の限界を示す9番には【魔術師
やはり、この国は技術やITなど技能的な分野が鍵かも。
そして、新しい発想や提案により良くなる気配ですから
法律の改正などちょっとした変化がありそうです。

まぁ、少しでも改正されないよりはましですし、
新しい政策や対策があるにこしたことはありませんね。

2番の『助力や障害』は【聖杯King】というコードカード。
私の場合は、実在の人物ですから、
該当するマイルド系で愛嬌のある男性が主導するのかな?
議員さんでは浮かびませんね。笑顔が可愛らしい感じで、
やわらかいイメージの人です・・・誰かな?(・・?

タロットの不思議 2008/9月号全文

■関連する記事かも

 - 「タロマガ」ケルト練習

Translate (翻訳) »