My Friend's Tarot

趣味や興味のあるもの・近況をリラックスして書きます

菅直人さんの2011年運勢

タロット【ホロスコープ】練習

2011年はどんな年になるのでしょうか?
政治家の運勢で予測してみましょか。

菅 直人さんの2011年の予測です。

▼は逆位置
|----------------------------------
1.金貨Knight 2.聖杯A▼ 3.聖杯5▼
4.魔術師   5.法王   6.金貨7▼
7.金貨8   8.審判   9.運命の輪▼
10.棒6▼    11.聖杯King▼
12.力     13.月
|----------------------------------
(展開法など詳しくはHP「タロット習得」コーナーを)

いつもどおり全体を ”ざざーー”と見渡しましょ。
金貨7▼棒6▼など、思うようにいかない様子があり
中心には、どどーん と不安を意味する【】です。
波乱が予想されますねぇ(-_-;)

>>1番の本人の姿勢には【金貨Knight】+補足【金貨8

どちらも、堅実で淡々と続けることを意味し、
これを演説にでも変えれば、
国民の信頼を獲得できるよう、
出来ることを確実に行います
」という感じかな。
一歩ずつ進めば結果になるという気持ちでしょうか^^;

>>6番の実務的な仕事には【金貨7▼

アテ外れ・予想が外れる・努力の成果がでない
という見込みの悪さが出ています。

私の場合は、普段は正逆を読みませんので、
良い場合は『意外な変化』で、悪い場合は『アテ外れ』。
>辛島版では...
正位置=近い将来に成功、利益は無いが精神的な収穫
現状を見直すこと など
逆位置=期待するほど冴えない、低下、欠如
という感じですね。

補足の【】は、
不屈の精神や粘り強さを示しますが、いずれにせよ
ものすごく心労もあり大変なのは否めません :あせ:

ここは、健康運も示すことから
力=心臓や血液関係の障害や病気
と受け取れ、健康問題も危ないですねぇ。
ストレスからくる病気が懸念されます。

>>今後の展望という大きな意味での仕事は

棒6▼】+補足【魔術師】です。
棒6は正位置の場合....
『努力が実る』『朗報が届く』といえますが、
今回は▼です。
これは、成果が遅れる、後手後手になる意味。
補足の【魔術師】は『臨機応変さ』などの
頭脳プレイを勧めていますから、
既存で、ありきたりの方法では駄目ということです :ばふ:

>3番の隣人知人は、どうでしょうか。

ここは、一般的には部分的・限定的な関係で、
例えば、習い事やPTAなど決まった関係の人です。
しかし、芸能人などでは地方公演や周辺事情も示し、
管さんの場合も、そのようにとれますね。

聖杯5▼】は、
回復を狙う、再起を期すという
落胆状態からの復活を意味しており
期待していない、たいした意味のない知らせ」は、
少し良いニュースとして届くかもしれません。
しかし・・・補足が【運命の輪▼】で
正位置=順調に運ぶ、よくなる、好転の可能性
の逆意味となり
『まったく望むようには進まない』ようです。
お愛想程度の良い知らせがあるけど、変化には至らない :ふむ:

協力者も少なく、時に見放されるイメージです。

また、
>>海外との関係を読む9番が【運命の輪▼】

これは、外交問題の悪化が懸念されます。
見込みが甘く、見直しが必要 :いきおい:

>>では親しい関係や社交面は、どうかですが・・

11番【聖杯King▼】ですから、全くアテにできません。
いい顔をしていても、内心思っていることは違う..
というタイプの人が、この聖杯Kingです。
周囲は、皆、様子見というところでしょう。

わずかに良いのは・・・
>>家庭や息抜き(レジャー面)です。

4番【魔術師】=都合を通せるという暗示で
家庭では、どうやら主張が通るようで^^;
レジャー運の5番【法王】=助言・経験者etc.ですから
根回しなのか、飲み会なのか、とにかく
直接的に仕事というのでない場での行動が鍵でしょう。

いずれにせよ
>>13番のキーカードは【】ですから

波乱や不安が増してくる意味あいですね。
早期対処で早期解決というのが必須です。
もたもたしていると、すべてが悪化するでしょう。
落ち着いているときではないと思われます(-_-;)

>>あ、そうそう、金運の2番は【聖杯A▼】+【審判

聖杯Aは、不毛な状態を示しますが、
補足は『復活や回復』を意味するラッキーカードです。
これって、普通は本人にまとまったお金が入る可能性ですが、
もし、財政面の評価が上がる意味なら、景気も期待できるのですが。
いずれにしても、2011年後半ということです。

....まだまだ積極的に頑張りたいという気持ちが強く
気丈というより、落ち着きすぎている感じですね。
どこから来るのか、その落ち着き」といった具合いで
現実認識が薄い官僚的なイメージです。

■タロットの不思議 全文

まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000009585.htm
melma
http://www.melma.com/backnumber_1127/

■関連する記事かも

 - 「タロマガ」運勢練習

Translate (翻訳) »