My Friend's Tarot

趣味や興味のあるもの・近況をリラックスして書きます

2014/01/19   スポーツ

2014都道府県対抗男子駅伝『1位で行くから な』

本日は、都道府県対抗駅伝の男子がありました。
今年も有望な中高生から箱根駅伝の子達も出て
実業団と一緒に走るのが、めっちゃ面白かった。
佐藤悠基もよく走る長野優勝です。
3区の上野選手とアンカーの矢野選手、5区の選手も区間賞です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初から終始、良い位置で頑張りましたね :えがお:
3区では、3日に箱根で優勝した東洋大の設楽選手も埼玉で走り
26位くらいでタスキを受け取った後に何人抜いたかな。すごかった :いきおい:
出遅れた埼玉も、設楽選手の頑張りで浮上して、
その後も頑張って2位に入ったのは凄いです。

優勝した長野は、上野祐一郎さんが3区でしたが、
4区の子に「1位(TOP?)で行くからな!」と言ってあったとか。
本当に1位で来たから、やるしかないと思ったとの談話。
気合い入れというのでしょうか。↓上野さんらしいです。↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

有限実行でTOPにてタスキリレー。
早稲田の選手だったかな。ずっと併走していましたけど、
ラストでぐんぐん引き離しました。スピードあるわ上野さん :ぐっど:
4区5区の高校生は、3位を保ってタスキリレー。
最後は、日体大のエース矢野圭吾さんが1位に浮上して優勝。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特に、1区のトップ争いは本当に面白かったです。
最後のスパート合戦は、中高生もすごいですね。
将来の金の卵達ですわ(*^_^*)
4区5区を走った佐久長聖の子達は、顔はすごく余裕あり。
けれど、最後のスピード勝負が全くなく終始淡々。
校風とかあるのですかね。でも男子は迫力ありますね。
オリンピックに向けて期待が高まりました。

お疲れさまでした。

■関連する記事かも

 - スポーツ

Translate (翻訳) »