気分転換や日常のヒントに無料占いを再アップしました。

占いをしに行く

2020箱根駅伝往路「東海大は4位」

スポーツ

鬼塚選手は最初から先頭を引っ張ります。
解説者は、使われているから心配といってくれますが、
私は彼が調子のよい証拠だと信じました。
絶対、力があるから前を走っていると思ったの。
そのとおりに最後まで遅れることなく出しきれた。
思った通りの走りをして先頭から10秒でタスキリレー。

 

トップは残り3kmでロングスパートをかけた國學院に
追い付き、抜き去った創価大学です。


2区は、塩沢選手。
私は東京国際の伊藤選手に注目しています。
予選会でも、全日本大学駅伝でもすごいです。
その伊藤選手が学生ナンバーワンといわれる
東洋の相澤選手においつかれて並走しているとき、
なんだか、とても楽しそうに見えました。

相沢選手が引きはなそうとしかけても離れない伊藤選手。
めちゃくちゃおもしろい。感動しました。
東海大は、最後に青山に前へでられますが2秒差。

よく頑張ってくれました。
相澤選手は驚異の記録。1時間5分57秒。
東京国際の伊藤選手も6分代で、
あの塩尻選手の記録を抜きました。

3区は、西川選手です。
先頭の青山は飛ばしています。
失敗がないよう上手くまとめてくれると思っていたら、
東海大は離されて5位です。トップとは2分以上。

ただ2位の青学には70秒差。先頭は東京国際です。
東洋大は、なんとトップから4分差でした。

4区は、全日本でMVPの名取選手です。
粘ったのですが1分58秒さでタスキリレー。
先頭は青山が東京国際に追い付き追い越し、
でも東京国際も頑張って2位は死守です。
よい走りでした。

5区は、
山登りで前回2位で区間新だった西田選手です。
國學院も山登りが得意な浦野選手。西田選手に期待。
しかし青学の選手も頑張っててなかなか追い付かない。

残念ながら一度は抜いた東京国際に終盤に抜き返された。
4位でトップに3分22秒差です。これは厳しい(>_<)
監督は1分20秒差以内が目標でしたが・・残念。

青学は往路新で往路優勝で区間新も取りました。
2位は國學院で同じく往路新。東海大も往路新です。
明日は厳しいけど6区7区でぐいぐい行ければいいな〜。

コメント

  1. ケイジー より:

    4位で3分以上の差は、正直厳しいですかね~
    でも、何が起こるか分からないのも駅伝だと思います。
    諦めませんよ~東海大!

  2. yoshiko より:

    >ケイジーさん
    おはようございます。ですよね。
    とにかく精一杯の応援をしたいと思います(*^^*)

Translate (翻訳) »
タイトルとURLをコピーしました