気分転換や日常のヒントに無料占いを再アップしました。

占いをしに行く

『原裕美子』さん優勝

おてんき大阪国際女子マラソンが長居陸上競技場からスタート。
大ファンの『原裕美子』さんがでていたからカブリツキ
初めて見たときに、彼女の走りに一目ぼれしました。先月だったか、駅伝に出場された時は本調子でなかったけど、ハイペースの渋井陽子さんにピッタリついて29kmくらいでスパート。渋井選手を引き離して、優勝!拍手
色んなランナーがいてますが、原さんは粘りの走りが特徴ですよね。
死にそうな顔でも走りぬく!それが私のハートをつかんで離しません。
初マラソンの加納由理さんも駅伝で粘りの走りをする根性の人で
注目していたのですが、なんと3位に入る凄い走りでした。

ただ、渋井さんも途中で足が痙攣したように聞いていますが、
それで最後まで完走するとは、ありえないと思います。
胃痙攣になったばかりなので思うんだけど汗
痙攣って類のものは『我慢』という次元でなく、点滴を打つか、
最低でも鎮痛剤を飲まないと座ってられる痛みじゃないです。
それで立って走るなんて、うずくまって泣いてる私とは
やっぱり次元の違う人!ホンとに凄い。尊敬しかない!
やはり世界で戦う心構えの人は、凡人とは根性が違いますわ。

コメント

  1. 匿名 より:

    大阪国際女子マラソンは原が優勝

    第26回目の大阪国際女子マラソンが行われてが優勝した
    スタートしペースメーカ先頭に渋井と原が集団から抜けて
    集団を引き離し先頭のペースペーカー居なくなってからも
    2人で20k1時間過ぎで走り2人マッチレースになった
    30k手前で原がスパートし渋井

  2. kazumin より:

    根性がすごいですよね!
    痙攣どころじゃないってほんま気合が違う!
    見習いたい!
    yoshikoさんまだ痛む?大丈夫ですか?

  3. yoshiko より:

    アスリートってチョットした骨折くらいなら試合続けたりするもんね。やっぱ集中してると痛さが半減できるのかな。
    私は、もう痛くはないんだけど、しくしく微妙な感じなので、しばらくは優しい食事をして油断しないで行きます。

  4. 匿名 より:

    彼女のゴールは遠かった。

    「危ない」と思った。
    30km手前、大阪城に入ってからもまだ、そのデッドヒートは続いていた。原裕美子と渋井陽子。
    奇しくも同じ栃木出身。華やかなデビューを飾ったものの、ケガやスランプで、ここまでの歩…

  5. 匿名 より:

    原裕美子(京セラ)大阪国際女子マラソン優勝で世界陸上へ

    「原裕美子(京セラ)大阪国際女子マラソン優勝で世界陸上へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2…

Translate (翻訳) »
タイトルとURLをコピーしました